読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美少女ADVって書けばごまかせる

エロゲ紹介するブログです

エロゲをするときに便利なこと エンドロールは流すだけじゃつまらない!

前回の更新から少し間が開いてしまいましたが私は元気です。

どうも、アポロです。

 

さて、今回はいつものように(といってもまだ4回しかやってませんが)エロゲを紹介するのではなく、少し私なりの初心者の方を対象とした、エロゲに対する見方「これは知っておくと便利!」というのを語りたいと思います。

 

エロゲのマインを引かないように、という趣旨のもと、エンドロールでただぼおっと見るのではなくて、「おおっ、この人でてる!」みたいに少しでも興奮できたらいいよねっていうことを目標に設定します。

そういうのが苦手な方はスキップしてね!

 

まずは項目ごとに分けていきたいと思います。

エロゲって何!?みたいなのは一応最初のごあいさつのところで軽く触れてるので、今回はより細部にこだわって話を進めていきたいと考えています。

 

①タイトル

②ブランド

③シナリオ

④原画

⑤音楽

⑥声優

 

はてなブログの個人紹介のところにも書いているように、私が日ごろまあまあ重視しているのは③と⑥なのですが、150本超えたあたりからおおまかには①~⑥までわかってきたように思う(思っているだけかもしれない)ので、一応入れておきます。

ちなみに、抜きゲに関しては全くの素人(というか、抜きゲは泣きゲとかとは全く違うゲームだと思ってます。同じ「エロゲ」って書いていてもね)なので、そっちの知識は全くありません(笑)

「その程度で語るな!」みたいな風に思うかもですが、まああくまで初心者の方を対象とした、まだまだにわかの戯言ですので、その辺平にご容赦を...

 

①について。

まあ、これも意識しとけば外れ引く可能性は減るでしょう。少なくとも表紙買いとかするよりはよっぽどあてになります。

つらつらと挙げていくと...()内はブランド名です

穢翼のユースティア(August)

WHITE ALBUM2Leaf) 無印も面白くないわけじゃないが、やはり2が秀逸

うたわれるものLeafAQUAPLUS)なんだかんだでLeafはこの2つが面白いです。

・BALDR SKY(戯画)

パルフェ(戯画)

この青空に約束をー(戯画) ファンディスクの「フォセット」はFDというよりも完結編です。

車輪の国、向日葵の少女(AB2) 知らないとにわかって言われるくらいの名作

G線上の魔王(AB2)

グリザイアの果実(Frontwing) 迷宮と楽園も面白いけど、やっぱりこれが傑作

・ISLAND(Frontwing) 最近発売されたやつですね

装甲悪鬼村正nitro+

・凍京Necro(nitro+

素晴らしき日々ケロQ) よくすばひびって略されます

サクラノ詩(枕) 枕はケロQの姉妹ブランドです

きっと、澄みわたる朝色よりも、(propeller)

天使の羽根を踏まないでっ(Mephisto)

Dies irae(light) アニメ化も決まった名作。買うときはAmantes amentesかActa est fabula(18禁)にしましょう

神咒神威神楽(light)  Dies iraeの続編です。できればリメイク版で!

カタハネ(Tarte)

・CROSS✝CHANNEL(Flying Shine) ロミオさんの傑作ですね

最果てのイマXuse

・ef(minori) ぶっちゃけopが神です。だって新海(ry

カルタグラ殻ノ少女虚ノ少女(イノグレ)

fate/stay night(TYPEMOON) やっぱりなんだかんだで名作ですね。結構エロゲ原作だと知られていない事実...

魔法使いの夜(TYPEMOON)

シンフォニック=レイン工画堂スタジオ

・ChiShingura46+1(インレ) op、edがマジで神です

・ファタモルガーナの館(Novectacle)

マブラヴ オルタネイティブ(age)

君が望む永遠(age)  ↑と合わせて名作...なのですが、いかんせんシステム面がひどく、このあたりになってしましました

・家族計画(D.O.)

 

まだまだありますが、挙げるときりがないのでこのへんで。

あとkey作品については知っているものとして除外しました。

 

この辺りは買っても絶対に損しない作品ですね。

繰り返しますが、ageの作品をする際には環境面をよく確認しましょう

ほんとにいきなり落ちたりして、ひどいのでね...

 

 ②について。

①を見ていて、同じ名前のブランドが多いなあ...と感じられた方もいらっしゃるかもしれません。やはり、名作を生みだしたブランドというのは、その名作で得たお金でさらなる名作ゲームを作り...みたいなのを繰り返せるので、比較的ブランドごとに偏りが生じます。逆もまた然りなのですが...

とにかく、多少アニメなどを見ている方は「ニトロプラス」という名前くらいは聞いたことがあるでしょうし、これがエロゲブランドだということも少し調べれば出てきます。

そのように、ブランドを知っていれば、「多少」買うときに役立ちます。

もちろんすべてではないですがね(笑)某変態副会長が言っていたように...

 

おすすめブランドはわざわざ挙げるまでもなく、↑に出したブランドがまんまそうです。戯画マインとか言われてますが、ぶっちゃけそのへんの分けわからんブランドよりかはよっぽど信頼できます。

やはり初心者の方は↑に出したような大手から攻めるのがよいでしょう。

あ、ちなみにNovectacleだけは同人ブランドなので一応注意。といってもクオリティーは商業クラスなので特に問題はないですね!

 

③について。

これは重要ですね。

シナリオライターさんというのは、初めのころはほとんど意識しないのですが、本数をこなしていくうちに、名作の陰にこの人あり!みたいな感じで、同じシナリオライターさんが多くの作品を手がけていることに気づかれるかと思います。

私の紹介ページのコピペで恐縮ですが、おすすめのライターさんは朱門優丸戸史明、卑影ムラサキ、るーすぼーい、日野亘、奈良原一鉄、すかぢ、浅生詠、正田崇、下倉バイオ田中ロミオ御影鏡遊、森崎亮人、ごぉ、葉山こよーて、虚淵玄など(敬称略)ですね。

誰がどの作品に当たるかは、批評空間様のページのクリエイター検索をご利用ください。

虚淵玄さんなんかは、まどマギで超有名ですね。エロゲでは、ハードボイルドそのままに、比較的短く収まった作品を多く展開していらっしゃいます。

朱門さんやすかぢさんのように、制作会社の代表も同時に務めていらっしゃるかたも多いですね。

また、基本的に多くの場合、シナリオ担当のうち誰かが企画、総指揮も担当することになっています。まあ、そこをずらしてしまうと作品中に色んな齟齬が生じてしまうのでしょう。もちろん例外はありますが...

 

さて、企画云々の話をしたのでついでに、よくエンドロールで流れるプロデューサーやディレクターの話をしましょう。前者はP、後者はDと言われています。

Pというのは基本的にエロゲの業界ではEP、すなわちエグゼクティブプロデューサーのことをそのまま指していることが多いです。つまりは社長ですね。

ゲーム制作においてはPの主な役割は渉外関連であったり、販売、接客などの総指揮など多岐にわたります。制作に携わることもそれなりにはありますが、普通は制作陣のサポートを担当します。有名なところでは、ニトロプラスのでじたろうさんなんかがそれに当たりますね。私個人としては、でじたろうさんのこれまでの業績を挙げていって、いかにニトロプラスがこの人の力で動いているかを説明したいところですが、スペースの都合で泣く泣くカットです...気になる方はwikipedia先輩に聞いてみましょう。

それに対してDの主な役割は製作総指揮です。ですから、同じブランド内でも作品によってDは変わっていきます。シナリオと兼任するケースも多く、音楽担当からプログラム指揮まで、とにかくなんでもこなします。つまり、簡単な話ゲーム制作陣の中で最もエロゲに精通していないといけないわけです。作品を深く理解し、それをよりわかりやすく伝えるためにはどんな声優を使ったらよいか、どんな音楽を入れたらよいか、などなど、考えることはP以上かもしれませんね。

 

もちろん例外は数多く存在しますし、制作に思いっきりかかわるPなんかもいる時代ですので、あくまで指標の一つとしてとらえてくださいね!

 

閑話休題でした。

続いて④について。

これは、まあ私自身は立ち絵さえ問題なければ...みたいな感じなのですが、どうやら葵せきな著「ゲーマーズ」によると、世の中には「原画家買い」なるものが存在しているようなので、一応解説しときます。といっても正直名前挙げていくのはつらいので、有名な人を例に挙げていきます。

イノグレ、杉菜水姫

イノグレ作品の総元締めにして、最強の原画家と名高い方ですね。もうやめてくれってくらいに原画がきれいです。画集も出版されているので、気になる方はそちらもチェックするとよいでしょう。私は即買いでした(笑)

f:id:apollox:20161119111236p:plain

同じくイノグレ(もしくはすでにつぶれてしまったがNoesis)、珈琲貴族

タペストリーが異常に多いこの方。私は「雨恋」以来大ファンなのですが、いかんせん絵がワンパターンであることが否めない...

きれいさ度合いはすぎなみきクオリティに負けずとも劣らず。

f:id:apollox:20161119111437p:plain

August、べっかんこう

Augustといえばこの人。すべてのAugust作品にかかわっていらっしゃる方ですね。

人を選ぶが、私は好きです。あ、ちなみに私はエステルさんが大好きなのですが、どうにもいい画像が転がってなかったもので、2位のエリスさんに登場していただきます。

f:id:apollox:20161119111639p:plain

AB系列、唯々月たすく

LOVELY×CATIONは超有名ですね。最近の「原画家買い」はほとんどがこの人目当てだそう。先輩には私もお世話になりました。

f:id:apollox:20161119112130p:plain

戯画、みことあけみ。

私内ランキングNo.1。有紗は反則級に可愛いですね!

f:id:apollox:20161119112453p:plain

ωstar、八宝備仁

美少女万華鏡を世に出しただけでもうノーベル賞級。非18禁探したのですがいいのがなかったので、アリスちゃん、よろ!

f:id:apollox:20161119113011p:plain

色々なブランド、克。

エロシーンのエロさに定評があります。ハピメアにはお世話になりました。

f:id:apollox:20161119113313p:plain

戯画、菊池政治。

BALDR SKYは秀逸でした...

f:id:apollox:20161119113532p:plain

light、Gユウスケ。

絵もさることながら、なによりキャラの幅が広い!私的には、そうした幅の広さではこの人が一番だと思うのですがどうでしょう!?

f:id:apollox:20161119113907p:plain

 

その他、多数の有名イラストライターさんがいらっしゃいます。(ネタ尽きたわけじゃないよ!)

少なくともいえることは、ゲームの点数とその原画家の評価には一定の相関関係がある、ということでしょうか。

これは2通りのとらえ方がありますね。

1つは原画家がよいからその作品が評価されている、ということ。

もう1つは、作品そのものがよいからその原画家に焦点が当たっている、ということ。

まあどちらも理に適ってはいますが。

ただ、後者のことを鑑みるならば、作品の出来に左右されないくらいにその絵師さんの評価が高いのであれば、それは本物だ、といってよいでしょう。

その意味で、現在最も優れた絵師さんは「唯々月たすく」さんだといえるかもね...

だって、聖騎士(ry

また、これは個人的にかもしれませんが、すぐれた作品には比較的すぐれた絵師さんがついているようには思います。

つまりこういうことですかね。

「すぐれた絵師が制作チームに加わっている」ことは「その作品がすぐれている」ことの必要条件である。(十分性は満たさない)

 

簡単に言えば、名作追っかけていればそのうち気に入る絵師さんに会えますよ、と。

だから、私はあまり絵師さんを重視しないのです。

 

⑤について。音楽ですね。

これもまあまあ重要。

しかし相変わらず原画と同じことが言えてしまうので厄介(笑)

あと、買うときにはわからんだろ、というのもあります。

最も大事なのはやはりオープニングとエンディング、そして(あるなら)挿入歌でしょうかね。例えば、一回聞くだけでその作品を完璧に表現しきるうえに、耳にも残るという半端ない曲というのも実際にはあります。有名なとこで、BALDRSKYのRestoration、jihad。装甲悪鬼村正MURAMASA、疼、The Call。WHITE ALBUM2の全曲。マブラヴオルタの未来への咆哮。グリザイア3作品すべてのop。忠臣蔵46+1の1st、2ndop、終わりの始まり。などなど、挙げればきりがないです。

しかし、実際にはこれも見せ方が重要で、例えばいったんopとして出しておいて、重要な場面の挿入歌としてもう1回使う、といった手段もよくとられます。これで耳にはあんまり残らなかった曲もしっかりと「良い曲」として頭に残りますね。

これがうまいのが朱門優さんの作品。

朝色の紅葉、フェザー(天使の羽根を~)のやさしい世界を君に、なんかはまさにそうです。特に前者ですね。あの使い方はうますぎます(笑)

 

基本的にはやはり次のことが言えます

いい曲が入っているからと言って、その作品が優れているとは限らないが、すぐれている作品には少なくとも1曲の「良い曲」が入っている

私の知り合いにいるのですが、エロゲはしないけどエロゲの曲はいっぱい知ってる、という方。そういう方はたぶん知らず知らずのうちに名作のタイトルに出会っていることでしょう(笑)

また、ブランドごとにお抱えの音楽担当というのもあります。minoriは現在「君の名は。」で一躍有名になっている新海誠さんをop担当にしていたころ、音楽は決まって天門さんでしたし、lightも最近は与猶啓至さんで固定してますしね。

バルドシリーズのopは決まってKOTOKOさんだ~とかもそうですね。

そういうのも、たくさんこなすとわかるようになってきて面白いですよ!

 

全く触れていませんでしたがBGMについて。これも意識するかどうかは微妙なラインです。私がテキスト読むのストップして聞き入ってしまったのは、今のところ「サクラノ詩」だけですね。

そのソフトに同梱して(もしくはFDの中に)入っているサントラをスマホに入れて、初めて好きになった曲なんかもあったりします。

というわけで、結局これも名作を追いかけろ、という結論に落ち着きますね。

あと、めっちゃいい曲見つけても、カラオケには入ってないことが多いので、そこはあきらめましょう(笑)

曲にもしよい印象を持ったなら、ぜひエンドロールは飛ばさずに、音楽担当の方をチェックすることをお勧めします。

 

⑥について。

これは(私の中では)超重要ポイントですね。うまい声優さんというのは、聞いているだけで情景が頭の中に出てくるので凄い...

私が意識する理由としては、エンドロールとかで最初に流れてくるのって大体脚本担当か、キャストなんですね。つまり、エンドロールを楽しむためには、キャスト(つまりは声優)に明るくないと厳しいということが大きいです。

あと、エロゲのパッケージなんかでキャラ紹介がよく入ってますが、その「CV欄」を理解できないと面白さ3割減なんです(笑)私的には。

要するに、多少声優さんについて勉強しておけば、テキスト流しながら、あるいはエンドロール見ながらのテンションを上げることができるようになる、ということですね。

とはいえ、実際はこれもたくさん数をこなすことによって、自然と「あれっ?この人あの作品にも出てなかったっけ?」みたいになりますので心配はいりません。

興味があったら「声優 裏名義」とかで検索すればいくらでも出てきます。(※)

 

(※)エロゲに出演する声優の方々は、一部の例外を除き、基本的にアニメなどで使う表名義を隠しています。その際、新たに使う名義のことを、便宜上、裏名義と呼ぶのです。

 

プロフィール欄にも書きましたが、裏名義というのは結構変化していくものです。しかし、別にその声優さんが別人になったわけではないので、声さえ聴けばすぐに名前が出てきます。それを当てていくのが私の趣味なのです。

 

さて、これらを踏まえたうえで、実際に知っておいたほうがよい声優さんたちをリストアップしていきます。例のごとく抜きゲがメインの方は除外しています。基本的にはシナリオゲーに多く出演されている方で、今でも現役の方を挙げています。

テンションの問題なので、興味ねーよって人は飛ばしちゃってもらって構いません。

一応偉そうに「=」とかつけてますけど、スペースの関係上すべての名義は網羅してません。ご了承ください。

 

かわしまりのさん=瑞沢渓さん

 超ド級の有名声優さんですね。少年からアダルトな女性まで幅広くこなします。

 

一色ヒカルさん=田中涼子さん

 この方も超有名。よくわからないけど、気が付いたらキャストに入ってるってくらい多くの作品に出演されています。

 

北都南さん=ひと美さん

 メガトン級の大御所さんです。声の幅は言うまでもなく無限大。ツンデレが比較的多い印象。

 

青山ゆかりさん=友永朱音さん

 この人もよく見ますね。お嬢様ボイスがかなりあってます。

 

海原エレナさん=氷青さん

 歌手としても有名。声は結構独特で、味のあるキャラを演じます。

 

・風音さん=真中海さん=櫻井浩美さん

 お姉さんキャラが多い印象。強さの中に弱さあり、みたいなキャラは基本この人。

 

小倉結衣さん

 表名義そのままにエロゲに出演されている珍しい方。ライブとかもこなす。上手さは超1級。不思議ちゃんキャラが多いかな。あとうるさい、かなり。

 

有栖川みや美さん=高田初美さん

 ロリッ子演じさせたら天下一品。かと思いきや意外と大人なキャラも演じてたりする不思議な人。

 

佐本二厘さん=結本ミチルさん

 ツンデレキャラが多い。私内キャラランキングNO.1のエステルさんもこの人。

 

あじ秋刀魚さん=前田恵さん

 私内ランキングNO.1声優。はじめのころにやったエロゲにこの人が出てたのが大きいんだけどね。声はいろいろ。大人な雰囲気も悪くはないけど...

 

遠野そよぎさん=岡嶋妙さん

 頭弱い、けど才能すごいキャラを演じることが多い印象。

 

水橋かおりさん(裏名義は多すぎて書ききれません)

 ツンデレといえばこの人ってくらいツンデレしてる。グリザイアのみちるとか。表も普通に有名という、珍しいタイプ。

 

中村繪里子さん(裏名義オオスギナイ)

 はるかっか~~~。

 

安玖深音さん=後藤麻衣さん(仙道ミツキさんもこの人)

 名作「カタハネ」でメインを演じていらっしゃった方。声の幅がめちゃくちゃ広い。

 

成瀬未亜さん

 この人も表と同じですね。ロリッ子が多い印象。すばひびでは怖い系でしたね...

 

生天目仁美さん=さくらはづきさん=雛見風香さん=手塚まきさん

 とりあえず、上に挙げた4つを覚えておけば大丈夫。ほんとはもっとあるんだけどね。

声は大体3種類で、それらを組み合わせて無口キャラから元気系までこなします。

演技の幅だけなら業界でも指折り。だって私最初気づかなかったもん(笑)

 

・桐谷華さん=種崎敦美さん

 1位に挙げる人も多い声優さんですね。声はほぼ1種類なんだけどキャラがバラバラという珍しいタイプ。

 

三咲里奈さん=伊藤静さん

 生天目さんの愛人(らしい)。結構名義持ってるんだけどあんまり気づかれないという不憫な人。

 

榊原ゆいさん

 漢と書いておとこと読む。歌手としても有名な姉御肌。しかしキャラはロリ。

どっちやねん!!

 

小野涼子さん=北見六花さん=五行なずなさん

 キャラの幅は結構広い。なんだかんだでキャスト欄にいる人。

 

米澤円さん=三代眞子さん

 言わずと知れた名ヒロイン「小木曽雪菜」の声優さんです。歌超上手い。

 

・朋永真季さん=ヒマリさん

 more作品全部出てんじゃねってくらいの勢い。喘ぎ声が大きい印象。

 

やなせなつみさん=まきいづみさん

 個人的には村正の姫様が一番合ってたような...

 基本は独特な少女ボイスですね。でもキャラは熟女...

 

後藤邑子さん=九条信乃さん

 知られざる名義がたくさんあるらしい。それは(禁則事項です

 

ぐらいですかね~。また思いついたら更新します。

といっても覚えられないでしょうから、ぶっちゃけ最初の三人だけ知ってればとりあえず大丈夫です。(りのっち、一色、北都さんの三人ね)

私としては、最後の人の説明をするためだけにやってた感あるので満足です。(趣旨変わってる...)

有名な声優さんでも、結構沢山の名義を持っていたりして面白いですよ〜

 

まあ、こんな感じで、知っとけばいろいろ便利、みたいなことはあるわけです。

覚えたい人は「忠臣蔵46+1」か「真剣で私に恋しなさい」辺りをやればいいかと。どこにそんなお金あったんだってくらい豪華な声優陣です。

 

まとめです。

今回は長文失礼しました。次回からは平常運転しますので(笑)

とりあえず、このくらい意識しとけば大丈夫かなっていうレベルのことを並べたつもりです。知ろうと思えばもっともっと深いこの業界ですので、是非興味を持っていただければ幸いです。

「お前全然知らねーじゃん!」ってこれを見て思えるようになったら、あなたも立派なエロゲーマーです。